かくのごとく、我思えり

京大生が、本の感想や勉強のことを書いていきます。

京大受験生はどの大学を併願すればいい? 私大編

f:id:Kudou18:20190416195350p:plain

 

はじめに

 

大学受験をする際、悩みの種になるのが併願校の選択です。特に私立の併願校に関しては、国公立大学に比べて選択肢が膨大なため苦労することもあると思います。

 

そこでこの記事では、前期試験で京都大学を受験する場合、私立の併願校はどうすればよいかを考えます。

 

 

京大受験生が受験している私大とは?

 

京大受験生が一般入試で受験する主な大学は、早稲田大・慶應大・上智大・東京理科大・同志社大の5大学です

 

早稲田大と慶應大は言わずと知れた名門大学です。京大受験生のみならず、東大や一橋大・東工大といった様々な難関大の受験生が早慶を受験します。たとえ京大に落ちても、早稲田大・慶應大だったら入ってもいいと思う受験生は多いのではないでしょうか。

 

上智大も東京の名門大学です。理工学部もありますが、上智大は人文科学に秀でているという印象があります

 

理系の人は東京理科大も併願先として考えられます。この大学も理系の名門大学で、多くの優秀な理系受験生が受験しています。

 

以上の4大学はすべて東京にキャンパスを構えており、東大・一橋大・東工大の受験生も数多く受験します。

 

これに対して、京都大学の受験生の併願先として特徴的なのが同志社大です。入試難易度で言えば、同志社大は西日本一の私大といっても過言ではないでしょう。大学生になっても西日本に居続けたいと考える人が多いせいか、かなりの京大受験生が同志社大を受験します

 

京大受験生が併願する主な大学は以上の5つです。注意しなければならないのは、関東の私大の難易度が近年上がっていることです。東京一極集中を是正することを目的に文部科学省が関東私大の定員を厳密に管理しているため、大学側も合格者数を抑制しているのです。それゆえ、特に早稲田大や慶應大は京大受験生といえでも合格しづらくなっています

 

 

 

そもそも私大を受験するべきか?

 

受験戦略を考えるうえで意識しなければならないのは、私立大学を一般入試で受験することは京大入試の妨げになるということです。私立大学を受験するデメリットは、私大受験日に勉強できないだけではありません。

 

上述のように、京大受験生といえども早稲田大や慶應大の受験はハードルが高いです。特に文系の入試問題は、京大と難関私大とで毛色がかなり異なります。そのため、早稲田大や慶應大に確実に合格するためには入念な対策が必要となります

 

また、上記の5大学のうち、2018年度入試で地方受験を実施したのは東京理科大と同志社大のみです。地方在住の受験生が早慶や上智大を受ける場合、時間をかけて移動して前日までに東京入りする必要があります

 

このように、京大受験生にとって、私大を一般入試で受験することは負担になります。あくまで京大が第一志望校であることを考えれば、私立大学を受験しないという選択肢も考えるべきです。特に、現役の受験生で、京大に落ちたら浪人するつもりという人は私大受験をしないというのもありだと思います。

 

浪人するつもりはないという現役の受験生は、私大の代わりに国公立大学を併願先にしてみてはいかがでしょうか。後期入試を利用すれば国公立大学を併願校にすることも可能です。

 

後期入試はセンター試験の配点が高く、後期のための特別な対策は前期試験後にすれば十分です。そのため、前期試験の負担にならずに併願校を受験することができます。

 

また、私立大学をセンター利用入試で受験するのも手です。これも、京大の前期入試の負担にならずに私大を受験することができます。京大受験生はMARCHや関関同立のセンター利用入試なら合格する可能性が高いです。

 

しかし、センター利用入試は一般入試で受けるよりも難しいことが多いです。特に、早稲田大学のセンター利用入試は東大や一橋大、東工大の受験生も受けるため、難易度は極めて高いです。また、慶應大のようにセンター利用入試を実施していない大学もあります

 

これまで私大受験を避けるべきだと言ってきましたが、浪人生のなかにはこれ以上の浪人を避けるため私大の一般入試を受けざるを得ない人も多いかと思います。浪人生は学力が高く受験のための準備時間も豊富なため、現役生よりも私大一般受験のリスクは低いです。それでも、できるだけ早めに私大受験の対策を始めるといった京大入試への影響を最小限にする工夫は必要でしょう

 

 

最後に

 

以上、京大受験生の私立併願校について考えてみました。あくまで本命の受験に注力することが肝要です。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

追記1

 

以下のサイトに京大受験生の併願成功率が記載してあります。少し古いですが、興味深いデータなので、ぜひ一度ご覧ください。

 

www.yozemi.ac.jp

 

追記2

 

京大受験生の後期入試についても記事を書いたので、そちらもぜひ読んでみて下さい。

 

www.a-man-feels.com