かくのごとく、我思えり

京大生が、本の感想や勉強のことを書いていきます。

【新入生必見】第二外国語の選び方

f:id:Kudou18:20181119160937p:plain

 

はじめに

 

新大学生の皆さん、ご入学おめでとうございます!

 

さて、大学入学時にはいろいろと忙しくなりますが、そのなかでしなければならないのが第二外国語の選択です。しかし、第二外国語を選ぶにあたって大学側はあまり情報を与えてくれません。そのため、「英語以外の外国語なんて分からないし、どうやって選んだらいいの?」と思う人も多いでしょう。

 

そこで今回は、第二外国語をどうやって選んだらいいのかを解説します。

 

 

「言語の難しさ=単位取得の難しさ」ではない!

 

僕は第二外国語を選ぶ際、ドイツ語とフランス語で悩みました。学んでみたかった言語はフランス語だったのですが、フランス語は難しいといううわさを聞きました。そのうわさを聞いて「難しいフランス語を選んで試験勉強に苦労するのは嫌だ」と考え、結局ドイツ語を選びました。

 

しかし、実際に大学に入学した僕は、ドイツ語の勉強にかなり苦労しました。なぜなら、僕のクラスの担当となったドイツ語の先生は授業の進行がとても速く、テストも難しかったからです。単位取得率が50パーセントを切るといううわさもあり、単位取得を諦めて試験すら受けないという人もいました。

 

この経験から皆さんに伝えたいのは、「言語の難しさ=単位取得の難しさ」ではないということです。中国語や韓国語が簡単で、ロシア語やフランス語が難しいという話を聞くことがあります。しかし、たとえその話が本当だったとしても、先生が厳しければ中国語や韓国語でも単位取得は困難になりますし、ロシア語やフランス語でも先生が甘ければ容易に単位を手に入れることができます

 

ですので、「この言語は難しいからやめておこう」という発想は捨てた方がいいです。単位取得の難易度は言語の難しさではなく先生に左右されるのですから、言語の難しさを基準に第二外国語を決めるのはあまり意味のないことです。

 

 

学びたい言語を選ぼう

 

それでは具体的にどうやって第二外国語を選べばいいかという話に移ります。

 

学んでみたい外国語がある場合、ぜひその言語を選んでみてください。「ゲーテの作品を原語で読んでみたいからドイツ語を選択しよう」というような理由でもいいですし、「フランスに旅行に行ってみたいから、そのときに現地で会話ができるようにフランス語を勉強しよう」という理由もいいと思います。

 

先に述べたように、「単位取得が難しそうだから…」という考え方は無用です。どうせどの先生が厳しいかなんて大学に入ってみないと分かりません。そんなことを気にするよりも、自分のやりたい言語をやってみる方が身になります。

 

 

役に立つ言語を選ぶ

 

将来の進路を決めており、その進路に進むためには特定の言語が必要だという人は、その言語を勉強するべきでしょう。例えば、「将来は大学でフランス文学を研究したい」という人はフランス語を学ぶことが不可欠です。

 

また、絶対に必要というわけではないにせよ、特定の言語を学んでいたら役に立つという場合もあります。例えば、法学の研究をするならドイツ語やフランス語を学んでおくといいと言われています。日本の法律はドイツ・フランスの影響を大きく受けているからです。

 

有用性という観点でみたら、中国語にまさるものはないかもしれません。将来ビジネスの場に出たときに、世界二位の経済大国である中国と関わりを持つという人は少なくないでしょう。

 

とはいえ、一部の世界を除いては英語ができれば何とかなるというのも事実です。一応将来の進路と外国語について調べてみるのは大事ですが、あまり有用性にとらわれすぎる必要もないでしょう。

 

 

最後に

 

結局、どの言語を選んでもそこそこ勉強すれば単位を取ることはできます(一部の厳しい先生にあたった場合は別ですが…)。それゆえ、あまり単位のことは考えずに、自分の学びたい言語を選ぼうというのが僕のアドバイスです。皆さんが楽しい大学生活を送ることを願っています。

 

 

補足

 

第二外国語を選ぶ際に役に立つであろうというサイトです。

 

dic.nicovideo.jp

ニコニコの記事とあなどることなかれ。各言語の特徴がかなり丁寧に書かれていて、とても参考になります。

 

www.utcoop.or.jp

東大の新入生向けサイトです。各言語を選択した理由や学んでみての感想が書かれています。学生目線で第二外国語について書かれており、東大以外の学生にもおすすめです。

 

初修外国語担当教員による座談会|京都大学国際高等教育院

こちらは京大のサイトです。各外国語を実際に教えている教員たちによる座談会の様子をまとめた記事です。「そもそもなぜ第二外国語を学ぶのか」といったところから教員たちが議論を進めています。少し長いですが、なかなか興味深い内容です。