かくのごとく、我思えり

京大生が、本の感想や勉強のことを書いていきます。

 【高校1・2年生に読んでほしい】受験勉強をいつから始めるか?

f:id:Kudou18:20181116192317p:plain

 

はじめに

 

高校1・2年生の間でしばしば話題になるのが、「いつから受験勉強を始めるべきか」という話です。今回はこの問題について考えていきます。

 

 

目の前のものを完璧にこなすのが受験勉強

 

この記事を書くにあたって、僕の思っていたことをズバッと言い表している文章があったので、その一部を引用します。

 

進学校に通っている生徒や、難関大学を受験しようと考えている生徒たちはもう高校入学時から大学受験を意識している。

 

進学校では高校の先生たちが、生徒たちに大学受験への意識を入学してすぐ植え付けている。

 

そのため、授業の予習・復習が当たり前のように行われ、授業をしっかり聞くことが日課となっている。

 

学校から課題も出され、提出することが当たり前になっていく。

 

この流れに乗ることさえできれば、変に受験勉強をしなければならないと意識しなくても良いのだ。

 

(出典:絶対勝つために… 受験勉強はいつから始めるべきか? | 慶早進学塾 慶應大・早稲田大・難関大専門予備校)

 

 

この意見はなかなか的を射ていると思います。僕も地方の公立進学校に通っていましたが、授業を受け、予習・復習やテスト勉強をしていれば、他に何か特別なことをする必要はありませんでした。進学校では、生徒の多くが難関大学に合格することを目標にしており、先生もそのための授業をしているからです。

 

だから、もしあなたが進学校と言われるような高校に通っているなら、授業にしっかりついていくようにしてください。授業を理解し、定期考査でも十分な点数がとれているなら、それ以外に何か特別なことをする必要はありません。そうすれば、高校3年生になるときまでに基礎が身につき、受験を戦う上で相当有利です。授業の内容を確実に習得し、苦手を作らないことが肝要です。

 

むしろ、多くのことに手を出すことの方が危険です。大学受験向けの参考書は多くあり、情報も氾濫しているので、「あれもこれもした方がよい」とあらゆるものに手を出しがちです。しかし、多くのものに手を出しても、結局何も身につかない可能性が高いです。多くのものに手を出して少ししか身につかないくらいなら、手を付ける量を減らしてそれを完璧にした方がよっぽどいいです。

 

そうはいっても、皆さんのなかには進学校に通っていない人もいると思います。でも、そんな人でも大丈夫です。別に進学校で授業を受けなくても、進学校の生徒と同じようなペースで勉強すればよいのですから。

 

「進学校にいないのに進学校の生徒と同じように勉強できるわけないじゃないか」と言う人もいるかもしれません。しかし、進学校の生徒と同じペースで勉強する方法はあります。それは、塾や予備校に通うことです。

 

塾や予備校では大学受験に特化した授業が行われており、進学校の生徒も多く参加しています。つまり、塾や予備校の授業をものにすることができれば、進学校の生徒に大きく近づくことができるのです。

 

 

得意科目を作る

 

ここまでで、高校1・2年生のうちは学校の授業でやったことを確実に理解し、苦手を作らないことが大事だと言いました。

 

「でもそれだけじゃやっぱり不安だ」という人もいるでしょう。そういう人は、ぜひ得意科目を作るようにしてください。より具体的に言うと、高校3年生になるまでに、遅くとも高校3年の1学期までに、受験本番で戦える程度の学力を身につけてください。そのような教科を何教科も作る必要はありません。1教科だけでいいので、「この教科はこのまま受験を迎えても大丈夫だ」と思えるような教科を作りましょう。

 

そして、その教科は英語か数学のどちらかである方がいいです。この2教科は受験において配点が高いため、得意科目にできたら有利だからです。*1

 

得意科目が一つあるだけで精神的にかなり楽になります。受験勉強をしているときや受験本番で、「この教科は大丈夫」と思えるからです。得意科目を作るのは容易なことではありませんが、努力する価値はあります。

 

 

最後に

 

今回伝えたいことをまとめるとこの二つです。

 

1.学校の授業を確実に理解し、苦手を作らない

 (進学校の生徒でない人は塾や予備校に通い、その授業内容を身につける)

2.得意科目を作る(できれば英語か数学)

 

受験といっても高校の学習内容を大きく逸脱した問題が出るわけではありません。日々の授業内容を確実に身につけるようにしましょう。

*1:この観点から言うと、文系の人は国語を得意科目にするのもアリです。