かくのごとく、我思えり

京大生が、本の感想や勉強のことを書いていきます。

【数学が苦手な高校生へ】大学入学後、文系学生は数学を使うのか?

f:id:Kudou18:20181104193425p:plain

 

はじめに

 

文系の人のなかには数学が苦手な人が多いと思います。数学が苦手でも、私立大学のみを受験すれば大学受験を乗り切ることができます。それでは、大学の勉強で数学ができないと困るということはあるのでしょうか?

 

今回は、経済学部・文学部・法学部の三つの学部の勉強に数学が必要かを説明していきます。

 

 

経済学部

 

文系の学部のなかで最も数学を使うのが経済学部です。経済学を学ぶのに数学が大いに役立つというのは間違いないです。

 

しかし、数学が苦手だからといって経済学部に入るのを諦める必要はありません。なぜなら、経済学部には数学が苦手な人もたくさん入学するからです。先に述べたように、そもそも私立大学の経済学部の入試は数学の受験が必須ではない大学の方が多いです。受験で数学が課される国公立大学の人だって、数学が苦手でいまいち理解できないまま大学生になる人がそこそこいます。

 

そして、数学が苦手な人が多いことは大学の先生だって理解しています。そのため多くの先生は、数学が苦手な人もついてこられるような授業をします。それゆえ、数学が苦手な人でも大学入学後ある程度勉強したら、少なくとも卒業できないなんてことにはなりません。

 

それに、経済学に数学が必要とはいっても、高校数学の全ての分野が必要になるわけではありません。高校数学のうち、経済学でよく用いられるのは微分積分です。他にも高校数学の知識のうち経済学に役立つものはありますが、逆に経済学では大して使わないものもあります。例えば、数Aで図形の勉強をしたと思いますが、経済学でその知識を用いることはありません。つまり、経済学を学ぶとしても、高校(及び大学)数学の一部を習得していれば良いのです。

 

さらに、経済学にも数学をさほど使わない分野は存在します。それゆえ、大学での授業を選ぶ際に数学をあまり使わないものを選べば、数学が苦手でも十分乗り切ることができます

 

つまり、経済学部は確かに数学を用いますが、中学数学レベルの式を見るだけで寒気がするというほど数学が苦手でなければやっていけるでしょう。

 

 

文学部

 

文学部は数学を使わないというイメージを持つ人が多いと思います。確かに国文学などの数学をさほど用いない分野も多くあります。しかし、文学部で学べる全ての学問に数学が要らないというわけではありません

 

例えば、文学部で社会学や心理学を学べるという大学は少なくないですが、これらの学問を学ぼうとする場合、統計学が必要となることが多いです。統計学を勉強するには、数学の知識が必要になります。

 

つまり、結局のところ、同じ文学部でもどの学問を学ぶかによって数学が必要か否かは異なるということです。自分が学びたい学問が決まっているのであれば、その学問を学ぶのに数学が必要かを調べてみてもいいでしょう。ただ、「文学部は数学が必要ない」という思い込みで文学部を選ぶのは避けるべきです。

 

 

法学部

 

経済学部・文学部・法学部のなかで最も数学を使わないのは法学部です。正直、中学生レベルの数学が分からなくても法学部でやっていけると思います。

 

特に、法律分野の勉強では数学を使うシーンは皆無と言っても過言ではありません。少なくとも、学部レベルの勉強で高度な数学を用いることはほぼないでしょう。

 

法学部で数学を使う場面があるとすれば、政治学を勉強するときでしょう。大学によって異なりますが、法学部で政治学を学ぶことができる大学は多いです。政治学には数学を使う分野もあるので、そのような分野を学ぶ場合は数学が役に立ちます。

 

ただ、政治学にも数学をさほど用いない分野はたくさんあります。少なくとも、大学入学時に数学が得意でなければ政治学を学べないなんてことはありません。

 

したがって法学部では、自分から数学を使う分野を選ばない限りは数学は使いません。数学が苦手でも安心して入ってください。

 

 

一般教養では数学を使うの?

 

多くの大学では、自分の専門の授業(経済学部なら経済学、文学部なら文学や史学)の他に一般教養の授業を受けなければなりません。そして一般教養の授業では、文系でも理系(自然科学)の授業を受けなければならないことがあります

 

しかしそれも大した心配は必要ありません。大学側も文系の人も授業を受けることは分かっているため、いきなり高度な数学知識を要求してくることはありません

 

それに、理系(自然科学)の授業といっても、数学以外にも生物や地学などの授業もあります。そのなかには数学をあまり使わない授業もあるので、どうしても数学が嫌だという人は、そのような授業を選べば大丈夫です。

 

 

数学的思考は必要ないのか?

 

「文系学部では数学を直接使わなくても何とかなることは分かった。だが数学で使うような論理的思考は文系でも要るのではないか?」という人もいると思います。

 

確かに数学の問題を解くには論理的思考力が必要ですし、そのような力は大学入学後も大いに役立ちます。しかし、それは数学を学んでいなければ身につけられないものでしょうか?

 

僕は、大学での学びに必要な論理的思考力は現代文等でも養うことは可能だと考えています。むしろ、文系の勉強は文章を読んでそれをもとに考えることが多いので、現代文の方が直接的に役立ちます。

 

確かに論理的思考力は重要ですが、それを身につけるには必ずしも数学を学んでいる必要はありません。

 

 

最後に

 

以上、文系学生にとっての大学入学後の数学の必要性についてまとめました。数学を勉強していなくても大学での学びは何とかなるので、安心してください。

 

こう言うと、「じゃあ受験のために数学を勉強しているのは無駄なのか」という声もあがるかもしれませんが、そうではありません。確かに文系での勉強は数学の知識がなくても何とかなりますが、数学の力があれば、それは大きな武器になります。今数学を勉強しているという人は、ぜひ頑張ってみてください。