かくのごとく、我思えり

京大生が、本の感想や勉強のことを書いていきます。

【2019年版】京大受験生が後期入試で併願する大学は?

f:id:Kudou18:20180912111312p:plain

 

はじめに

 

京大受験生の多くが、本命である京都大学とは別に滑り止めの大学を受けています。今回はその滑り止めのうち、国公立大学の後期日程について説明していきます。

 

受験する学校の数に制限がない私立大学に対して、国公立大学は基本的に前期と後期に1校ずつしか受けることができません。そのため滑り止めの国立大はよく吟味する必要があります。さらに近年、旧帝大を中心に後期入試を廃止する動きが広がっているので、最新の情報を集める必要があります。それでは、京大受験生が後期日程で出願することが多い大学を挙げていきます。

 

※筆者は医学部入試に関する知識が少ないため、医学部に関する情報は省かせていただきます。予めご了承ください。

 

 

京都大学・一橋大学・東京工業大学

 

なんとしてでも京大と同レベルの大学に行きたいという人向けです。当然難易度は高くなります。これらの大学(特に一橋大・東工大)は前期で東大を受験した人も多く受験します。というのも、数年前に東大の後期入試が廃止されたからです。さらに前期に一橋大・東工大を受けた人もいるため、非常にハイレベルな入試となります。実際、僕の周りの京大後期合格者は、前期に東大や京大を受けた人ばかりです。センター試験で少なくとも9割はとっておかないと合格は難しいでしょう。

 

さらに、後期に受験できる学部が少ないのも難点です。後期入試を行っているのは、京大は法学部、一橋大は経済学部、東工大は生命理工学院のみです。

 

 

旧帝大・神戸大

 

センター試験の得点率が8割後半だった人は、後期に東大・京大以外の旧帝大や神戸大を受ける人が多いです。9割近く得点できていれば旧帝大・神戸大の後期入試はかなりの確率で合格できると思います。ちなみに、東大・京大以外の旧帝大では、北海道大、東北大、九州大が後期入試を行っています。残念ながら大阪大学の後期入試は廃止されました。名古屋大は医学部医学科のみが後期入試を行っているようです。

 

やはり後期入試はどんどん廃止されているようで、後期入試を行っている学部は決して多くはないです。北海道大学は全ての学部で後期入試を行っていますが、東北大学は経済学部と理学部しか後期入試を行っていません。九州大学は、文学部・法学部・経済学部・理学部・薬学部・工学部・農学部が後期入試を行っています。神戸大で後期入試があるのは、文学部・国際人間科学部・法学部・理学部・医学部(保健学科)・工学部・農学部・海事科学部です。経済学部と経営学部が後期入試を行っていないことに注意が必要です。

 

 

その他国公立大

 

旧帝大や神戸大を受けるのは厳しいと思った場合、これから紹介する大学を受けることを検討してみましょう。

 

西日本では、大阪市立大学や京都府立大学が比較的ポピュラーです。大阪市立大学は医学部と生活科学部以外の学部で、京都府立大学は全学部で後期入試を行っています。ただ、京都府立大学はそもそも学部が文学部・公共政策学部・生命環境学部の三つしかないことに注意が必要です。また、広島大学を受験する人もいます。広島大学は、医学部と薬学部以外で後期入試を行っています。理系の人は京都工芸繊維大学を受けるのも手です。

 

東日本では、千葉大学・横浜国立大学がポピュラーです。千葉大は文学部・法政経学部・理学部・工学部・園芸学部・薬学部で、横浜国立大学では都市科学部・経済学部・経営学部・理工学部で後期入試を行っています。

 

筑波大学を受ける人もいます。人文・文化学群、生命環境学群、理工学群、情報学群、芸術専門学群で後期入試を行っています。女子はお茶の水女子大学を受けるという手もありますが、難易度は高めです。ちなみに、文教育学部、理学部、生活科学部の全学部で後期入試を行っています。東京外国語大学も有名な大学ですが、後期入試があるのは国際社会学部のみです。

 

理系の人のなかには名古屋工業大学や東京農工大学を受ける人もいます。名古屋工業大学には工学部が、東京農工大学には農学部と工学部があり、その全ての学部が後期入試を行っています。

 

 

後期の受験校の選び方

 

今は前期入試のことしか考えられないという人も多いと思います。しかし、もし前期入試に落ちたら後期で受けた大学に行く可能性は十分にあります。そのため、後期に受ける可能性がある大学のことはしっかり調べておきましょう。そのうえで、センター試験を受ける前に、センター試験に成功したらこの大学を、失敗したらこの大学を受けるというように、後期の受験校をセンター試験の得点率別に決めておいた方が良いです。そうしておけば、センター試験を受けたあと、あまりバタバタせずに前期の二次試験の勉強をすることができます。

 

 

最後に

 

以上、京大受験生の後期入試についてまとめてみました。少し古いデータですが、以下のサイトに前期京大受験生の併願成功率が載っているのでぜひ見てみてください。

 

www.yozemi.ac.jp

 

また、僕が京大入試について書いた記事もあるので、そちらもご覧ください。

 

www.a-man-feels.com

 

www.a-man-feels.com

 

www.a-man-feels.com

 

www.a-man-feels.com