かくのごとく、我思えり

京大生が、本の感想や勉強のことを書いていきます。

京大国語の特徴と勉強法とは? 現役京大生が教えます

f:id:Kudou18:20180908061544p:plain


はじめに

 

こんばんは、京大生ブロガーの工藤冬樹です!

今回は、京大国語の特徴と勉強法について書いていきます。

 

 

京大国語の特徴

 

京大国語の入試問題は3つの大問から成り立っています。そのうち最初の2問が現代文で、残りの1問が古文です。全て論述形式で解答することが要求され、選択問題はありません。京大国語の入試問題は、他大学と比べて解答欄が大きいことが特徴です。

 

京大を受験する際、国語は合格者平均点を取ることを目標にするのがよいでしょう。なぜなら、それ以上の点数を安定して取ることは困難だからです。勉強すれば、合格者平均点を安定して取ることは可能です。しかし、それ以上の点数をコンスタントに取ることは一部の天才以外には難しいでしょう。学校や塾の先生でさえ、京大国語で安定して8割以上取ることはできないと思います。国語で平均点より高い点数を取る努力をするくらいなら、他教科の勉強をした方がよほど効率が良いです。

 

 

現代文の勉強法

 

現代文とは最大公約数的な読みをする営みだと考えています。ある一つの文章を読んでも、百人いれば百通りの読み方があります。そのなかには、論理の飛躍があり、ほとんどの人がそういう読みをしないが、とても興味深い読み方というのもあるでしょう。しかし、皆が独自の読解をするばかりでは社会生活が成り立ちません。読者の間でコンセンサスをとることができないからです。そこで必要になるのが最大公約数的な読解です。「文章から論理的に考えれば、少なくとも〇〇と言うことは可能だ」という読解ができるようになるために、現代文という教科があるのだと考えています。

 

このように、現代文における模範的な読解は最大公約数的な読解です。これを習得するためには、模範的な読解と自分の読解との差を埋める必要があります。現代文の勉強を進めていくうちに、「えー、これは自分の読解の方が正しいでしょ」と思うことがあるでしょう。僕もそういう経験を何回もしました。しかし、そういうときは「こう読むのが模範的なんだ」と割り切るしかありません。時には納得できないこともあるでしょうが、やがて模範的な読解に近い読解ができるようになります。頑張ってください。

 

さて、ここからは具体的な勉強法を説明します。まず、参考書を使って、現代文の解き方を身につけてください。高校生の皆さんは、小学校から数えて十年前後現代文の勉強をしています。その授業で、試験での現代文の解き方を教わったことはありますか。教科書に載ってある文章の読み方は教わっても、どんな文章が出るか分からない試験の解き方は教えてもらったことがないという人が多いと思います。そこで、まず参考書を用いて現代文の解き方を勉強しましょう。おすすめの参考書は、『出口汪 現代文講義の実況中継』と『船口のゼロから読み解く最強の現代文』です。

 

 

参考書を通して現代文の解き方を身につけたら、過去問を解いてその解き方を使ってみましょう。その際に重要なことが二つあります。一つ目は、過去問演習を通して京大国語の解き方を身につけるということです。例えば、時間配分は実際に過去問を解いてから決めるべきでしょう。他にも、過去問を解くことで身につけられることが多くあります。二つ目に重要なことは、ときどき添削をしてもらうことです。自分では良いと思った解答でも、点がもらえないということはよくあります。添削を受けて自分の解答をチェックしてもらうことが重要です。過去問を解く際、最初は的外れな解答ばかりを書いて落ち込むかもしれません。しかし、過去問演習を続けていけば、やがてある程度的を射た解答が書けるようになります。根気強く勉強を続けていきましょう。

 

 

古文の勉強法

 

古文は現代文よりも点が取りやすいです。古文で点が十分に取れないという人は、古文の勉強を優先しましょう。

 

まずは、単語と文法を身につけましょう。単語は『読んで見て覚える重要古文単語315』を使うのがおすすめです。文法に関しては、学校で参考書と問題集が配られると思います。まず参考書を使って知識を習得し、問題集を使ってその知識を定着させてください。京大の問題でも、基本的な単語と文法さえ分かっていれば解ける問題もあります。こういう基本的な勉強こそしっかりこなしましょう。

 

 

単語と文法を身につけたら、次は問題演習です。過去問を解いてもいいし、難しかったら易しめの問題集から始めても構いません。

 

ちなみに、最近は京大入試に漢文が出るようになりました。ですが、問題数も多くありませんし、難易度も高くないので、たくさん勉強する必要はないと思います。センター試験の漢文の勉強をしていれば十分です。

 

最後に

 

以上、京大国語の特徴と勉強法でした。勉強法をまとめると次のようになります。

 

~現代文~

参考書

過去問演習

 

~古文~

単語帳・文法の問題集(文法の参考書も併用)

(参考書)

過去問演習

 

京大の他教科の入試についての記事も書いているので、そちらもぜひ読んで見てください。受験勉強頑張ってください!

 

www.a-man-feels.com

 

www.a-man-feels.com

 

www.a-man-feels.com