かくのごとく、我思えり

京大生が、本の感想や勉強のことを書いていきます。

1・2年生の高校生が夏休みにするべきこととは? 京大生が考えてみた

f:id:Kudou18:20180908160512p:plain

 

はじめに

 

こんばんは、京大生ブロガーの工藤冬樹です。

今回は、夏休みに高校1・2年生が学習面で何をするべきかをまとめてみました。

 

苦手をなくす

 

あなたには苦手な科目や分野がありませんか。誰しも一つや二つ苦手分野があると思います。

 

それでは二つ目の質問です。受験生になってから苦手をなくす勉強をすればいいと思っていませんか。残念ながら、その考えは通用しないかもしれません。

 

ここで僕の体験をお話ししましょう。僕は高校時代、理科基礎が大嫌いでした。ただ、理科基礎はそれほど負担の大きな科目ではありません。それゆえ、高校1・2年生の僕は、「理科基礎は受験生になってから勉強すればいいか」と思っていました。しかし、受験生になっても理科基礎を勉強する気力は全く湧いてきませんでした。苦手科目は理解できていないところが多いため、他の教科の勉強と比べて多大な労力が必要なうえ、苦手意識があるためやる気も起こらないのです。僕はそのまま理科基礎の勉強をせず、とうとうセンター試験を迎えてしまいました。センター試験の理科基礎の結果は芳しくありませんでした。

 

このように苦手科目を克服するには多くの労力と時間が必要です。夏休みは苦手を克服するのに十分な時間があります。「苦手科目の克服は受験生になってからでいいや」などという考えは持たずに、ぜひ夏休みに苦手科目の勉強に取り組んでみてください。

 

 

テストの復習をする

 

高校生の皆さんは、学校で定期試験や模試など多くのテストを受けると思います。そのテスト、きちんと復習していますか。もししていないのであれば、それは非常にもったいないです。

 

最も集中して勉強できるときはいつか。それはテストを受けているときです。テスト中は、時間という制約と、より高い点をとるという目標のもと、周囲の人が集中して問題を解いているなかで勉強することができます。そんな集中している状態にも関わらず解けなかった問題、それは今のあなたには解くことのできない問題です。そうであるならば、テストで解けなかった問題は必ず復習して、自分のものにしなければなりません。

 

そうはいっても、普段は忙しくてテストの復習まではできないという人もいるでしょう。そんな人は、ぜひ夏休みにテストの復習をしてみてください。きっと学力を向上させることができます。

 

 

志望校について考える

 

目標があってこそ勉強ははかどります。目標を定めるために、夏休みに志望校を絞ってみてください。高校1・2年生の夏の時点ではまだ一つに決める必要はないと思いますが、ある程度候補を決めておけば後になって志望校を決めるときに困らないし、学習の意欲を上げることもできます。

 

志望校を決めるときに一緒に考えて欲しいのが、受験する学部です。学部によって受験科目や配点が変わる場合があり、受験の戦略を立てるうえで受験する学部の決定は必要不可欠なものです。また、大学入学後のことを考えても、学部の決定は大学生活を左右しうる重要なファクターです。可能な限り情報を集めて慎重に決定してください。

 

 

オープンキャンパスに行く

 

高校1・2年生の夏がオープンキャンパスに行く絶好のチャンスです。というのも、3年生になると高校の補習や塾の夏期講習などで予定が埋まり、オープンキャンパスに行くのが難しくなるからです。特に遠方の大学に行きたい場合、オープンキャンパスは高校2年生までに行っておくべきでしょう。

 

ただ、オープンキャンパスは事前に申し込みが必要な大学も少なくないので、5月あたりから各大学のホームページを見るなどして、情報を集めるようにしてください。

 

 

読書をする

 

高校1・2年生に僕が最も勧めていることが読書です。読解力は大学受験において極めて重要であり、読書はその読解力を身につける方法の一つです。しかし、読解力は一朝一夕には身につきませんし、3年生になったら読書をする暇はありません。それゆえ、1・2年生のうちに読書をすることが肝要なのです。

 

読書をしたら、簡潔なもので構わないので感想を書くようにしてください。そうすれば読解力だけでなく思考力も身につけることができます。

 

 

最後に

 

以上、勉強の面で高校1・2年生がするべきことをまとめてみました。とはいえ、せっかく高校生活を送っているのだから、勉強以外のことにも積極的に取り組んでください。大学に進学したら高校時代の友達とは会いにくくなりますし、高校生以外が高校生と付き合うのは難しいです。ぜひ、勉強とともに、高校生の今しかできないことにも取り組んでみてください。