かくのごとく、我思えり

京大生が、本の感想や勉強のことを書いていきます。

過去の名作アニメを見る・放送中のアニメを見る それぞれのメリットは?

f:id:Kudou18:20180908161842p:plain

 

はじめに

 

こんばんは、工藤冬樹です!

 

僕は約二年前から深夜アニメの存在を知り、視聴するようになりました。最初は過去に放送された作品ばかりを見ていましたが、だんだん放送に合わせてアニメを見るようになりました。今回は、過去の名作を見ることと放送に合わせて見ることの良さを比べてみたいと思います。

 

 

過去の名作を見るメリット

 

1.ハズレを引きにくい

 

最終話の放送からしばらく経った作品は、どのようなストーリーの作品かはもう分かっていますし、評価もある程度定まっています。それゆえ、評価の高いアニメを見るようにすれば、つまらないアニメを見て時間を浪費することを防ぐことができます。また、某アニメのように、日常系だと思っていたら実はホラーだった、なんてことも起こりません。

 

2.一気に見ることができる

 

放送に合わせてアニメを見ると、一週間ごとにしか放送されないため、全て見るのに最低でも3ヶ月かかります。しかし、過去に放送されたアニメは自分のペースで見ることができるため、一日で全て見ることも可能です。つまり、自分のペースに合わせてアニメを楽しむことができるのです。

 

3.通ぶれる

 

これはそんなに重要な理由ではないのですが、過去の名作アニメを見ることで通ぶることができます。漱石や太宰の作品を読破した人が日本文学通に見えるのと同じようなものでしょうか。過去の名作を見ておけば、「今のオタクはハルヒも知らないのかwww」というおじさんたちの煽りをかわすことができます。

 

 

放送に合わせて見るメリット

 

1.期待感・一体感が生まれる

 

ハズレを引くのが嫌で過去のアニメしか見ていなかった僕が、放送に合わせてアニメを見るようになった理由がこれです。放送に合わせてアニメを見ると、1週間に1話しか見ることができません。しかし、こうやって焦らされることで、次の放送への期待が高まります。また、アニメが放送されている時期には、Twitterや5chなどから、制作陣がそのアニメを作り、ファンがそれを待っているというのがひしひしと伝わってきます。自分も他のファンと合わせてアニメを見ることで、制作陣やファンとの一体感のようなものを感じることができるのです。

 

2.最新の技術を楽しめる

 

過去のアニメにも素晴らしい作品は多いですが、作画などの技術はやはり現在のほうが進歩しています。放送に合わせてアニメを見れば、最新の技術を堪能することができます。

 

3.他の人と話があう

 

今期のアニメの覇権は何かという議論は、リアルでもネットでも喧々諤々と行われていますが、過去のアニメについての話はそこまで盛んにはされません。例えば、いま僕が2006年に放送された「N・H・Kにようこそ!」の話をしたいとしても、話し相手を見つけるのは容易ではありません。そもそもそのアニメを知らない人もいるでしょう。ですが、今期のアニメの話をする相手はすぐに見つかります。

 

 

最後に

 

いかがだったでしょうか。アニメには様々な楽しみ方があります。各人に合った方法で楽しみましょう。