かくのごとく、我思えり

京大生が、本の感想や勉強のことを書いていきます。

大学生こそ投資信託を始めよう! 投資信託の魅力に迫ります!

f:id:Kudou18:20180918002810p:plain

 

はじめに

 

大学生になると、自由に使えるお金が一気に増えます。自分が手にしたお金のなかから食料など生活に必要なものを買ったりサークルや趣味にお金を使ったりするわけですが、大学生のなかには貯金をしているという人も多いでしょう。それは就活や卒業旅行を見据えてのことかもしれませんし、あるいはもっと先のことを考えて貯金しているという人もいるでしょう。ですが、僕は貯金に加えて投資信託を積み立てることをお勧めします。この記事では、なぜ投資信託に投資するのが良いかを説明していきます。

 

なぜ投資信託か?

 

そもそも投資信託とは何でしょうか。簡潔に言うと、「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金(ファンド)としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用し、その運用成果が投資家それぞれに投資額に応じて分配されるしくみの金融商品」*1です。投資信託のメリットは大きく三つあると思います。

 

1.少額で始められる

2.リスクがそれほど高くない

3.手間がかからない

 

投資信託以外の投資は大学生にとっては少なくない元手が必要になります。不動産投資はローンを組むにしても数百万円は欲しいですし、株式投資も数十万円くらいないと買えない銘柄が多いです。ドルやユーロなどの外国の通貨を売買するFXは少額から始めることもできますが、それはレバレッジのおかげです。今回の話の本筋からそれるためレバレッジの詳細な説明は行いませんが、簡単に言うとFXでは借金をして投資をすることが一般的なのです。そのため、成功したときは少額の元手で多くのリターンを得ることができますが、失敗した時には大きな損失を抱えることになります。要するに、FXは少額でもできる代わりにリスクが高めなのです。

 

それに対して投資信託は少額で始めることができます。例えば、僕が使っている楽天証券ではなんと100円で投資信託を買うことができます。また、投資信託は株のように価値が0円になったりするようなことはほぼありません。銘柄によってはかなりローリスクなものもあります。

 

そして、僕にとっての投資信託の最大のメリットは手間がかからないことです。投資手法によって違いはありますが、株やFX、仮想通貨は何を買うかを決めたり、いつ売るかを判断するのに相当な技術が必要で、相応に手間もかかります。しかし、皆さんのなかには毎日株の値動きや世界情勢をチェックして売買のタイミングを考える暇なんてないという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし投資信託にはそんな手間はいりません。最初に買う銘柄を選ぶときには少々しなければならないことがありますが、一度買ってしまえばあとは基本的には放置で構いません。僕も投資信託を積み立てる設定をしたあとは、ふと思いついたときに値段をチェックしたり、半年に一度くらい証券会社から出される書類に目を通したりするくらいしかしていません。投資信託のことは忘れて勉強やサークル活動などに没頭することができます。

 

最後に

 

いかがだったでしょうか。この記事を読んで、「投資信託に投資してみようかな」と思った人が少しでも現れたらうれしいです。次に投資信託について記事を書くときは、どうやって購入する投資信託を選べば良いのかなど、もう少し具体的な話をしたいと思います。

*1:中野晴啓『見る・読む・深く・わかる 入門 投資信託のしくみ』日本実業出版社