かくのごとく、我思えり

京大生が、本の感想や勉強のことを書いていきます。

『名探偵コナン ゼロの執行人』ここ数年でトップクラスの出来だった!

※犯人は誰かというような話の根幹に関わるものではありませんが、この記事には少しばかりネタバレを含んでおります。映画を未視聴の方はご注意ください!

 

こんばんは、京大生ブロガーの工藤冬樹です。

 

突然ですが、僕は中学を卒業するころコナンにはまりました。漫画を買うお金がないのでアニメを見たのですが、ヤフー知恵袋に「これさえ見ればコナンの黒の組織に関する回と、その他の有名な回はおさえられるよ」と書いてあった話はたいてい見ましたし、他にも見ている話があるので、なんだかんだ言って500話くらいは見たと思います。映画も2016年までの作品はすべて見ていました。

 

ですがここ二年くらいでコナン愛もめっきり低下しました。深夜アニメを見るようになったからです。去年のコナンの映画も見たいなあと思いつつもまだ見ることができていません。そんな状態だったので、今年の映画も公開から一か月くらい経ってようやく見に行きました。

 

それで見た感想ですが、冒頭で現行機を改良して超ハイテクなドローンを作ろうとする阿笠博士に対してコナン君が「そりゃ違法だよ」みたいなツッコミを入れますが、僕の方が「お前が今さらそれを言うか」とつっこみたくなりました。麻酔銃なんか絶対アウトだろうし、スケボーも公道を走らせるのはダメでしょう。

 

閑話休題、今回の映画を見て一番言いたいのは「安室さん超かっけえ」ってことですね。女性からの人気が高いことは知っていましたが、ありゃ人気が出ますわ。容姿、言葉、行動、そのすべてがかっこいいです。それと彼のドライブテクはすごいですね。もうあの技術だけでお金を稼げるんじゃないですかね。ちなみに安室さんの愛車はマツダのRX-7です。いやあ、めちゃくちゃかっこいいですね。乗ってみたいです。

 

f:id:Kudou18:20180512231519j:plain

↑マツダRX-7。いいですねえ。

 

そして彼の言葉で印象にの残っているのは「僕の恋人は、この国さ!」ですね。コナン君に恋人はいるのかと尋ねられたときの安室さんの回答です。つまるところ、彼の行動原理は愛国心なんでしょうね。だから、国を守るためなら時には法を犯すことも厭わないのでしょう。僕個人としては違法捜査は絶対にしてはならないと考えています。世の中には様々な価値観の人がいて様々な正義があります。その中で市民が多様な価値観を超えて何とか円滑に生活できるように定められているのが法です。だから、たとえその人なりの正義を実現するためであっても、法を破ってはいけないと思っています。そんな僕でも、そんな安室さんの行動に強く惹かれました。やはり、一つのぶれない目標をもって懸命に行動している人はかっこよく見えるのでしょうね。

 

繰り返しになりますが、今年のコナン映画はここ数年で一番といってもいいくらいの出来栄えだと思います(去年の映画はまだ見ていないけど...)。まだ見ていない人はぜひ見てみてください。