かくのごとく、我思えり

京大生が、本の感想や勉強のことを書いていきます。

僕はなぜブログを始めるか?

f:id:Kudou18:20180918010215p:plain

 

はじめまして、京大生ブロガーの工藤冬樹です。

今日は、僕がなぜブログを始めたのかについて書いていこうと思います。

 

結論から言うと、ブログを始めた一番の理由は読んだ本の感想を書く場所を作りたかったからです。僕は今年の春に大学生になりました。そのときに大学生活での目標を決めました。それは本をできるだけ多く読むことです。少なくとも週に1冊は読みたいです。ジャンルとしては、日本・海外の文学作品や社会・哲学に関する本といった少し堅めの本を読みたいと思っています。

 

この目標を決めた背景に「俺はこんなに本を読んでいるんだぞ」と自慢したい気持ちもないわけではありません(笑)。ですが、この目標を決めた一番の理由は先人の知恵を借りながら自分の人生について考えたいと思うからです。これまでの人生では、小学校を卒業したら中学校に、そのあとは高校に、そして受験をして大学に進学するといったようなレールが敷かれており、僕はただそのレールの上を走るだけで問題ありませんでした。しかしこれからの進路は自分で決めるしかありません。どうせ決めるなら、できるだけ良い選択肢を選びたい。その選択をする際に、本を読んで吸収した先人の知恵はきっと僕の助けになるだろうと信じています。

 

しかし、ただ本を読むだけではあまり意味がありません。皆さんの中にもそういう人がいるかもしれませんが、僕の場合、本を読んでその内容を半分ほど理解しただけで、さも著者の言わんとすることが分かったかのような気分になってしまうことがよくあります。それを防ぐためには読んだ本の感想を書くことが効果的だと考えました。本の内容をちゃんと理解しないと感想は書けないし、感想を書くときに著者の言いたいことや自分が考えたことがある程度整理されるからです。

 

そんなことを考えていたときに、ブログに感想を書くという案が思いつきました。ノートに書いて自分で見返すだけでは寂しいような気もするし、もしかしたらブログでお金が稼げるかもしれないと思いました(我ながら浅はか…)。その結果このブログが開設されたというわけです。

 

と、真面目な話ばかりしましたが、このブログでは本の感想以外も書いていくつもりです。例えば、アニメの感想や大学生活で感じたこと、さらには受験勉強のコツなんかも書く予定です。

 

これから一か月は毎日更新していきたいと思います(本当にできるのだろうか)。これからもこのブログを読んでいただけると嬉しいです。ありがとうございました。